ゲストとしてのマナー!結婚式ではNGのスタイルは?

もう常識!白系ドレスはNG!

結婚式での「白」は、新郎新婦だけの特別な色。もう大勢の方がご存じですよね。まさか真っ白なワンピースで式や披露宴に出席する方は少ないと思います。それでも意外とチョイスしてしまいがちな色は、薄いベージュ系やパステルピンク。確かに明るいカラーの服装のゲストがいれば、場が華やいでいいですね。気を付けておきたいのは、写真を撮るときのフラッシュで、これらの色が「白」に写ってしまうことです。濃い目のベージュを選んだり、ストールに濃い色を入れることがおすすめです。

意外と選びがち!全身ブラック!

無難でおしゃれに見える。体型カバーにもぴったりなブラック。しかし、靴も小物もすべてブラックを合わせてしまうと、「喪服」をイメージさせてしまうのでNGです。ブラックを合わせたいときは、光沢のある素材を選んだり、ショールやバッグ、靴で明るいカラーを取り入れることがおすすめ。ブラックのドレスは定番のお呼ばれスタイルなので、他のゲストと差をつけるためにも、小物のカラーはこだわって。それだけでがらっと印象が変わりますよ。

華やかでもNG!ファー素材!

ふわふわなファーティペットやファーボレロは、華やかな上にあたたかく、冬の結婚式にはぴったり!と思われてしまいがちですが、実はNG。ファーが「動物の殺生」をイメージしてしまうので、お祝いの場にはふさわしくないのです。2次会やカジュアルな結婚式にはOKですが、親戚や会社の上司が集まる大人数の結婚式では避けた方がベターですね。同じように、アニマル柄も殺生をイメージさせてしまうのでふさわしくありません。トレンドときちんとスタイルは区別できるようにしたいですね。

福岡の結婚式場では、お洒落な雰囲気で人気を集めている所が多く、演出にも様々なこだわりを取り入れることが可能なので、素敵な結婚式を目指せます。