定番中の定番!ソリティアの婚約指輪の魅力とは

ソリティア爪ありの特徴は?

婚約指輪のデザインって色々な種類がありますよね。でも、やっぱりソリティアは婚約指輪のデザインとして、定番中の定番!ソリティアは指輪の真ん中に宝石をあしらったデザインが特徴的です。爪あり・爪なしの2つの種類があります。爪ありのソリティアは宝石が高い位置に装飾されるので、上や横など色々な角度から宝石に光が当たります。光が集まる事で、とっても宝石が輝くんですよ!普遍的なデザインなので、年齢を重ねても身につけやすい点もポイントですね。

ソリティア爪無しの特徴は?

ソリティアには爪ありと爪なし、2つの種類があるのですが、このうち爪なしは指輪の真ん中に装飾する宝石を、指輪のアーム部分に埋め込むデザインになっています。爪ありのように宝石に高さが出ない分、派手さが無くて普段使いしやすいデザインなんですよ。宝石に高さが出ないので、服などに引っかかり難いという点も、ソリティア爪なしが日常使いしやすいデザインと言われている由縁ですね。婚約指輪を箪笥の肥やしにしたくないという方は、ソリティア爪なしにしてみては?

重ね付けもしやすいデザイン

爪あり・爪なしどちらのソリティアも、とてもシンプルなデザインの婚約指輪です。過剰なデザインでは無いので、指輪の真ん中にあしらう宝石がより目立ちます。シンプルという事もあり、結婚指輪や他のカジュアルリングとも重ね付けしやすい点が、ソリティアの魅力ですね。また、シンプルだからこそ色々なファッションにも合わせやすくなっています。年齢を重ねても身に付けられるものをと考えている方は、ソリティアがおすすめですよ!

婚約指輪とは、プロポーズの際に結婚を申し込む側から申し込まれる側に贈る指輪のことです。一般的には男性から女性に贈ります。